忍者ブログ
日々の暮らしとちぃとオトの記録
[487]  [486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481]  [479]  [480]  [478]  [477
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




いつも応援して頂きありがとうございます。
1日1回クリック頂けると励みになります!
あたしの大嫌いな週末。

今、あたしは出産後実家で過ごしてます。
ダンナも毎晩夕飯を食べにきますし
週末は一緒に過ごしてます。
他人同士がひとつの家に
出入りしているわけですから
それはそれはみんな気を遣って過ごしてます。

あたしの両親は今まで全ての愛情を独り占めしてきたちぃに
淋しい思いをさせまいと一生懸命やってくれてます。
そしてダンナがなるべく気を遣わずに過ごせるように
とてもとても気を遣ってきました。

ちぃのことで出しゃばり過ぎないように
でも、ちぃが淋しい思いをしないようにと。

母は毎日のようにダンナが嫌な思いをしていないか聞いてくれて
子供のあたしからしたら申し訳なくて泣けてくるほどでした。
でも、ダンナはそう捉えてなかったんですよね。。
自分ひとりが気を遣っていて
周りは好き勝手やっていると思い込んでいます。

昨日ダンナがちぃと電車を見に行こうとして
ちぃに「電車見に行こう!」と言ったんですけど
ちぃは風船で遊びたかったらしく
風船を一生懸命探し始めて
見つけるとじぃじの方に投げて
「じぃじ取るの!」と言って何度も詰め寄りました。
じぃじはダンナに気を遣って黙って座っていて
ばぁばも気を遣って「お父さんと電車見に行くんでしょ!」と言いますが
ちぃが何度もせがむのでじぃじは仕方なくつき合ってあげました。
そしたら、突然ダンナがちぃの大切な
電車のおもちゃを投げつけて出て行ってしまいました。
ダンナはうちの両親がダンナからちぃを
引き離そうと企んでいると言い出しました。
ちぃと普通に話しても、普通に相手をしても
ちぃにとって良かれと思ってやっている全ての行動を
ダンナはそういう目線で捉えては子供の前で
子供の大切なモノを投げつけて壊したりするんです。
あたしは自分の両親に対しても
物を投げつけるなんてできません。

毎日、一生懸命ちぃの面倒を見て
あたしたち家族の分の食事を用意したり
ダンナに気を遣ったりしてやってきました。
それをダンナの行動と発言で一気にぶち壊されました。
孫を親から引き離そうとする人なんて
孫が親より自分たちを好きなるようにと企む人なんて
そんなお子さまのような人はあまりいないと思います。
あまりに考え方や視点がおそまつで
普段ならバカバカしくて相手にしてられないのですが
さすがにあたしの両親もちぃのためにも
ダンナのためにも一生懸命やってきていただけに
一気に怒りが爆発してしまったようです。

今まで両親にあたしがダンナのことをグチると
両親はいつもダンナの味方をしていました。
あたしの話はちゃんと聞いてくれて理解もしてくれますが
ただうなずくだけでなく
「でも、○○(←ダンナ)だってこうだと思うよ」とか
「でも、○○(←ダンナ)の気持ちもわかる」とか
常にダンナのことをかばい
あたしに違う物の捉え方や視点を与えてくれました。
でも昨日のことであたしの両親のダンナに対する気持ちは
180度変わりました。
変わらない人などいないと思います。
そう自信を持って言い切れるほど
ダンナの先入観、固定観念、勘違いはすごいです。

ダンナのそういった物の捉え方は昔からそうで
自分の思い通りにならないことは
全て周りのせいだと思い込んでいます。
大学のサークルがつまらないのはサークルのせい
趣味に時間が取れないのも忙しいせい
病気になったのも
好きなことをやってこられなかったのも親のせい
全てが周りのせいです。
常に世の中対して不満ばかりで
その全てが人のせいです。
自分ばかりがつらい思いをしていて
周りは好き勝手にやっていると思っています。

じぃじはゴルフが趣味なのですが
最近、じぃじのゴルフ練習場に
ちぃも必ず着いていきます。
本当はひとりで練習したいじぃじなのですが
「ちぃも行く!」と泣き出してしまうので仕方ありません。
ダンナはそれを「最初はゴルフなんてやりたがってなかったのに
やらせたからだ!」と言い出し
自分が気に食わないという理由だけで「ゴルフは絶対やらせない」と言いました。
子供には最初ゴルフという概念自体存在しないのですから
周りから与えられるのは当然だと思います。
パズルにしろ電車のおもちゃにしろピアノしろ
多くのことはそうだと思います。

両親以外から与えられる機会や刺激。
それを子供が選択して、やりたいことをやる。
あたしたちだけでは与えられない視点や視野
興味や関心を得られることは
本当にすばらしいことだと思います。

あたしはどんなふうに与えられたものでも
子供がやりたいと思えば
できる限り応援してあげたいと思います。
もちろん、悪いものを与えられたらやめさせたり
子供では判断つかないことは助言したり
別の方法を与えたりすることはします。

親が気に食わないから絶対やらせないなんて
本当に子供がかわいそうで仕方ありません。

今日、母に何かできることがあったら言ってねと言われました。
親としては理屈はどうでも、子供が望むようにしてあげたいと
泣きながら言ってくれました。
これまでの33年間も本当に親不孝ものでしたが
あんな目に遭わせてしまったのに
そこまで言わせてしまう。
本当にあたしは最低な娘だと思います。

どうしてこんな人と結婚してしまったのかという気持ちです。
恋は盲目。
あの時、周りで結婚に賛成してる人なんていなかったのに
どうしてわからなかったんだろうと思います。
でも、あたしは自分で選択したことですから
ダンナに何をされても仕方ありません。

でも、あたしの両親や子供が
ダンナの思い通りになるように
気を遣って生きていかなくてはならないと思うと
両親には申し訳ないし
子供はかわいそうで仕方ありません。

このまま生きていかなくてはならないのでしょうか。
もうここから抜け出す道はないのでしょうか。
PR



いつも応援して頂きありがとうございます。
1日1回クリック頂けると励みになります!
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
recent entries
thank you for your comments !
[08/20 ちゃり]
[08/20 ちゃり]
[08/20 shima兵衛]
[08/20 shima兵衛]
[08/18 ちゃり]
profile
HN:
ちゃり
以前の日記:
自己紹介:
夫とふたりの子供と4人暮らし。
愛息:ちぃ 08年2月1日生まれ。
   オト 10年5月26日生まれ。
夫:潰瘍性大腸炎患者くん。
日々なにより健康に
楽しく過ごすことが目標です。

こうして読んで頂けるのも
何かの縁があってのことでしょう。
どうか気軽にコメント
メール頂ければと思います。
いろいろお話しましょう♪
my favorite blog



calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
mail form
Powered by NINJA TOOLS

serch






Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]